先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。

高齢出産などがその要因に挙げられますがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素がビタミンMとも言われる葉酸です。ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても決して言いすぎではありません。


妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。



多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、妊活中は止めておいた方が良いのは間違いありません。ですが、コーヒー好きで我慢できないという人も居ると思います。そんな場合はせっかくコーヒーを我慢しても、そのストレスが逆効果になりますから、1日あたり3杯を限度として満喫するのが良いでしょう。


妊娠中の全期間を通して赤ちゃんが問題なく育つために欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。

「葉」の「酸」なので、キャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、果物にも案外豊富に含まれ、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。
妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、どの食材にどのくらい葉酸が含まれるかを知り、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。
漢方は妊活に使われることもあります。

即効性はありませんが、漢方は体質を改善するような効果がありますので身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。


近頃はドラッグストアにも置かれており、容易に手に入れることが可能です。「費用が気になる」という人もおられると思います。
その様な方には漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。

医師に診察してもらわなければなりませんが、保険適用となります。

皆さんお分かりのこととは思いますが、妊活にとって全身状態が健康であるということはもちろん必須事項です。



その実現のために重要なのは栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。


太り過ぎ防止の意味合いもあるのですが、血の巡りを改善し、栄養の行き渡りがスピードアップすることも期待されます。



具体的にすべきことを挙げるとすれば、軽くウォーキングをすることなんかいいと思います。
なかなか妊娠に繋がらないと、心も体もすり減ってきます。



生殖機能はストレスの影響を受けて弱くなりやすく、ずっと続けていると悪循環になってしまうかもしれません。


それ故、いっそのこと妊活を休止する決断をすべきかもしれません。

実際のところ止めてから自然と妊娠できたという人は少なくありません。


ご自身の年齢を考慮し、医師ともよく相談をして、ちょっとお休みすることも賢明かもしれませんよ。



マカというサプリの名前を聞いたことがある人も多くいると思います。

これは、男性のスタミナアップの効果が期待できるだけではありません。


妊活中の女性の、血行を良くするような効果が期待できるので、妊娠しやすい体づくりに役立ちます。それのみならず、ホルモンのバランスを良くする効果も期待できますから、基礎体温も正常な変化を示すようになり、体内の安定を図るのに有用であると言えるでしょう。



いつ妊活を始めたらよいか、分からない女性も多くいると思います。大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば結婚しているしていないにかかわらず、将来妊娠を希望している女性であれば、常日頃から行うべきものと言うこともできます。妊活は、すぐに妊娠する目的だけではなく妊娠しやすい体づくりのための活動を指すのです。
ですので、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。



どうしても女の子が欲しかったので、あらゆる本やサイトに載っている男女産み分け法をとことん調べました。野菜をたくさん食べると女の子を授かる、お肉をたくさん食べると男の子等々、中には相当怪しいものもありましたが、後は実践あるのみでした。何とか赤ちゃんを授かって、重いつわりで食べられなかったときも葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか待望の女の子を授かりました。
妊娠初期には葉酸が不足しがちというのは、結構多くの人が知っている話です。それに加えて、妊娠の1ヶ月前から葉酸サプリなどの摂取を始めた方が良いということを知っていましたか?妊活を考えたときこそ生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しいタイミングなのです。



妊娠に向けてがんばりたい、と思うなら意識して葉酸を摂ることから始めましょう。