とりわけ妊婦の場合、胎児の順調な発

とりわけ妊婦の場合、胎児の順調な発育のため摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。



「葉」の「酸」なので、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、供給源として重要なのが果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。



妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、葉酸が豊富な食材について調べ、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。マカというものがあります。

これは、特に男性のスタミナアップを目的として使われますが、効果はこれだけではないんです。

妊活を頑張っている女性の、血行を良くするような効果が期待できるので、妊娠しやすい体を作るためには有用です。それに加えて、効果の一つにホルモンバランスを安定させるという働きもあるので、基礎体温も正常な変化を示すようになり、安定したコンディション作りに寄与します。


葉酸が不足するからと言われ、サプリメントは妊娠初期から欠かすことなく飲んでいました。
問題なく妊娠中期に入った直後にカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、牛乳を毎日大量に飲んだのです。いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、お腹の調子が悪くなってしまいました。
それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤を飲む羽目になりましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れる葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために所要量を毎日摂取したいビタミンだとすっかり有名になりましたが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだとどうしても難しくなってしまいます。調理法を工夫して、葉酸の損失を減らせる方法を知って実践して欲しいですし、補充のためにサプリメントなどを活用することも一度は検討するべきです。

実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えばその方法は実に多様です。


最もスタンダードで、誰でもできるのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。

ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのはよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。

効率的な葉酸の摂取という面からみても、上手にサプリメントなどを取り入れていきましょう。


飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。



とりわけ妊娠中の女性ならばいろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。
他のビタミンと同様、葉酸は葉物などの野菜に豊富に含有されており、食材の中で特に多いのはほうれん草とか枝豆が挙げられます。ことにほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含有する食材であり、ぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。

アロマには心身のバランスを良くする作用があり、妊活の場面でも役立っています。アロマを待合室で焚く産婦人科も登場しているぐらいです。妊活中の女性の人気を集めているのがローズのアロマです。


ホルモンバランスの乱れを整え、不妊の原因となるストレスの解消に役立ちます。不安な気持ちを軽減し、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活には効果があると言われています。妊活中、妊娠中の女性ならば葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。葉酸は地味な栄養素ですが、胎児がすこやかに育つのを助け、細胞分裂を促進する効果があるのです。

葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに豊富に含まれています。いろいろな種類のサプリメントもあるのでいつも野菜が足りていないと思う方、野菜を避けてしまう方には特に良いでしょう。

私も好きなのですが、妊活中でも、好んで飲むのがコーヒーなどで、飲むことが多い人は気を付けましょう。カフェインには体を冷やします。
体の冷えによって血行が悪くなってしまい、妊娠するのに大切な、子宮の機能も下がってしまいます。



コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。


胎児の成長に欠かせず、妊活中の段階から十分な摂取が求められている葉酸についてですが、サプリメントを飲んだ時の効果は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。



くわえて、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12を挙げることができます。


なぜかと言うと、過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。