一体いつの時点で妊活を始める

一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか考えている女の人もたくさんいるでしょう。


大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば結婚しているしていないにかかわらず、将来妊娠を希望している女性であれば、常日頃から行うべきものと言うこともできます。妊活というものは、すぐに妊娠するために行われるものだけを意味しているのではなくて、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。

そのため、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。
実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えばいくつか考えられるでしょう。

いつでも誰でもできそうなのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため妊婦の所要量を食事だけで摂ろうとすると妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。

効率的な葉酸の摂取という面からみても、サプリメントなどを上手く活用したいものです。


もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。暑くなってくるにつれ、知らず知らずのうちによく冷えた飲み物が欲しくなりますが、妊活時には、極力冷たい飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。
それに対して、ホットな飲み物をとることは妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

生活全般で常に体を温めることを意識しましょう。



自明のことですが、妊娠や出産は、旦那さんと奥さんの頑張りの結果であると言えます。
ということはつまり、妊活において男性の協力はなくてはならないものだということです。男性は出産できませんから、一歩間違うと女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、男性も協力して取り組まなければ妊活成功の可能性が低くなってしまうでしょう。妊活の最中は習慣的に飲む物にも配慮が必要です。
カフェイン入りの飲料は着床の阻害や冷えの一因となるため妊活時の飲み物としては適していません。
体を温めてくれるような効果を持つお茶のうちノンカフェインのものをおすすめします。

成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方にも使われるたんぽぽ茶などが適しています。「妊活」、それは命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、必ずしも結果がついてくるとは限りません。ですから、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、これは大変もったいないと思います。

成功確率は上がっているので、そこまで落ち込まずに、焦らずに継続してみましょう。

ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身の血行促進が従来から挙げられています。血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性や不妊を引き起こすともされているのでなかなかそれらの症状がよくならないというなら、一度、葉酸を摂るように努めてみると少しずつ良くなってくるかもしれません。

その際、ビタミンEの摂取も行うとさらに血行を良くする効果があります。
他のビタミンB群と同じく、葉酸もどうしても水に溶けやすく、一度にどっと摂取しても小腸から吸収される以前に尿として排出される結果になってしまうのです。そのことを踏まえ、葉酸サプリや錠剤も、一日量を一度に全部飲まずに、小分けにして飲んだ方が効果が上がるということに気をつけてください。毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に栄養素として使われるように頭を使うべきです。私も好きなのですが、妊活中でも、好んで飲むのがコーヒーなどで、飲むことが多い人は気を付けましょう。

コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、体を冷やしてしまうという効果を持ちます。


体が冷えることによって血液循環が悪くなると、子供を授かるのに大きく関わる子宮の働きを低下させることにも繋がります。コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、カフェインは摂りすぎないようにしましょう。妊娠した女性にとって胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。
何といっても「葉」なので葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、本当は果物からもたくさん摂取できるもので、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。

妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、何が葉酸を多く含んでいるか知っておき毎日の献立の中に上手く取り入れてください。