先天性奇形は、現在の日本では

先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと出生数全体の約4%とされています。高齢出産などがその要因に挙げられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのがビタミンB群の一つである葉酸です。

とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、妊娠がわかったときから、葉酸は一番大切な栄養素だと言い切っても全くオーバーではないのです。

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリメントで葉酸を摂り始めました。一日でも早く飲み始めなさいと、お医者さんには妊娠判定の席で言われたのですが、サプリメントを飲む時期の終わりは最後まで何も言われなかったのです。そのため、1袋飲んだところで次を買いませんでした。最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、今もサプリメントで葉酸を摂っています。葉酸のサプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。
本当にサプリメントが効くのかと思ってみていましたが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と相手にされませんでした。そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってサプリを飲むようになりました。何が大きく変わったと言うこともありませんが、強いて言えばお酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎を起こすことが少なくなってきました。下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。


長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、この機会に徹底的に検査を受けて、問題なしであれば妊活に入りましょうと話し合って結論を出したのですが、思い返してみると、この話し合いが妊活スタートの直接のきっかけですね。


葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だというのはもはや常識ですが、妊娠前に葉酸を摂取すると精子と卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。



ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、お腹の中で胎児が健康に育つためにも絶対欠かせない栄養素なので、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。
これから妊娠したいと思っている方は葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。


最大の理由は、赤ちゃんが先天性の障害を持つ可能性を下げられるからです。



しかし、過剰に摂るとどうなるのか心配されます。

葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息などの症状が起きることもあるのです。ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。妊活している時に気を付けたいことといえば、ストレスです。


過度なストレスがかかると筋肉が緊張状態となり、血流が悪くなってしまいます。それが原因で、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。

もし、働く女性でストレスが大きくかかり、生活も不規則だという方は仕事を休ませてもらうことも視野に入れてみましょう。
ビタミンB群として、葉酸は水溶性なので水に溶けやすいのが特長の一つです。

他の性質としては、熱に弱いことも挙げられます。食材を調理する手段によっては栄養素が半減することも考えられます。



とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。それならば、調理するときには長い時間ゆでずに、湯通しで済ませるなど考えていくことが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。食生活の見直しや体を適度に動かすなど具体的な妊活を頑張っていると、だんだんとくたびれてくる方もいるだろうと思います。



その様な場合にはストレス解消のために子宝にご利益があるという神社に参拝に行ってみては?時には一人で思いつめずに神様にお願いしてみるのもポジティブに考えられるようになる契機になると思います。お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、無事生まれた赤ちゃんにも、お母さんにも摂って欲しい栄養素だと言えます。


妊娠初期は胎児の細胞分裂が非常に盛んで、このときに葉酸が最も盛んに使われることになりますから、妊娠したときのために、その前から積極的な葉酸の摂取を心がけておけばより効果は上がると言えます。食事だけで、妊婦の所要量を満たすことは案外難しいので、必要な量を摂るために、サプリメントなどを活用していくのが賢明です。