妊活で大切なこと、それは毎日かかさずに基礎体温をつける

妊活で大切なこと、それは毎日かかさずに基礎体温をつけるということです。きちんと基礎体温を測定することによって身体の状態の把握が可能で、妊娠しやすい状態か否か、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なことがわかるのです。ちなみに言うと、基礎体温は朝覚醒してすぐ体温を測ると知ることができるものです。



今まさに妊活中だという人は極力早く妊娠したいと望んでいらっしゃることと思います。毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといった一般的なことはもう実行されていると思います。

一時期ブームになった風水的に言うと、ザクロはたくさん実を付けるので、その絵をベッドルームの北の方角に置くと、妊娠しやすくなるそうです。
出来れば寝室自体も北にした方がよりいいと言われています。

サプリや錠剤で、妊娠初期に葉酸を多めに摂るべきと、広く知られていますね。

さらに、妊娠する1ヶ月前から葉酸を摂ることがおすすめだと耳にしたことはありますか?ですから、妊活を始めようとしたときが葉酸の摂取を意識して欲しいタイミングなのです。

妊活開始を宣言したら葉酸の摂取は欠かせませんよ。

私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、その手の本やサイトを調べたところ、妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあるという点がみんな同じだったので、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度にたくさん摂らなければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。



当然ですけど、妊娠または出産とは、旦那さんと奥さんの頑張りの結果であると言えます。ということはつまり、妊活での男性の役割は大変重要だということです。



実際に子供を産むというのが女性だからといって、もしかすると、主体的に女性が行うことと思われがちですが、男性も一丸となって取り組まないと、妊娠出来る確率が下がってしまいます。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。
野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、食べることで体を温める効果があり、お勧めです。


反対に、冷えを招く野菜は、きゅうり、なす、トマトのような夏に穫れる野菜が多いです。

果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。

何かと辛いこともたくさんある妊活をしている間には、心身ともにダメージを受けやすい状態にあります。長い間結果が出ないと、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。

妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。不妊治療をやめたことでストレスが排除され、自然と妊娠できたという人は少なくありません。妊活が原因でつらい思いをしないようにストレスを解消しつつの継続が大切と言えるでしょう。


暑い時期には知らず知らずのうちに「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活時には、なるべく体の冷えを招く飲み物というのを控えた方がいいでしょう。反対に、温まる飲み物を飲むと血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。
飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、常に体を温めることを意識しましょう。効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、足りない分はサプリなどを飲み、所要量を摂っていくのがおすすめです。

また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など多くの葉酸摂取を求められていても日々の献立の中で、葉酸が不十分なときや、改善されにくい貧血の治療の中で、大量の鉄分補給と並行して筋肉注射で補給することもあります。
妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、積極的に行っていただきたいものは歪んだ骨盤を整える事です。



最近では、インターネットや書籍で妊活中の体に優しい手軽で効果的な体操を教えてくれるような動画もたくさんあります。子宮や卵巣などの大切な器官は全部骨盤に納められていると言えます。

ですので、歪んだ骨盤の位置を正常に整えて、血行を良くすることで妊娠しやすい体になるという訳ですね。